無料ブログはココログ

« クレイグ・ライスの短篇 | トップページ

2016年10月 6日 (木)

スチュアート・パーマーの短篇

スチュアート・パーマー短篇のリストを整理しました(コチラ)。
 
昔からのミステリマガジン読者ででもないかぎり、スチュアート・パーマーといえば『ペンギンは知っていた』『五枚目のエース』の作者、という認識かと思います。
ま、そこそこのエンターテイナーではあるのだろうけれど、同時期のクイーンやクェンティンと並べたら比べるべくもない、パッとしない地味な作家……くらいにお考えなのでは?
 
いや、いや、いや、いや
そいつは大きな間違いってもんです。
 
1_a_valentine_for_the_victime_tit_3
【[A Valentine for the Victime]扉】(The American Magazine 1954 Feb)
 
2_a_valentine_for_the_victime_ill_2
【[A Valentine for the Victime]挿絵】(The American Magazine 1954 Feb)
 
3_mystery_1934_apr_cover
【MYSTERY 1934 Apr 表紙】パーマーとクイーンの名が同じ表紙に
 
4_mystery_1934_apr_contents
【MYSTERY 1934 Apr 目次】パーマーは[The Riddle of the Yellow Canary]、クイーンは[The Three Lame Men](『エラリー・クイーンの冒険』収録の「三人のびっこの男の冒険」)
 
パーマーといえば、ドタバタに近いユーモアに目を奪われ、パズラーとしてのレベルの高さは見逃されがち。
 
ですが、例えば「指紋は偽らず」は、めったに見られないような独創的なアイデアを、ネタを最大限に生かすプロットで描ききり、最後の一言で落とす構成は、見事の一言。
「犯罪博物館の謎」や「猿神殺人事件」は、ミステリファンならわくわくせずにはいられないようなシチュエーションで始まり、期待を裏切らない鮮やかな結末がつけられます。
「首吊り殺人事件」や「一寸の虫にも」の意外な真相は、キャラクター設計の巧みさとあいまって切れ味鋭いWHYDUNITに仕上がっていて、読後深い余韻を残します。
 
てなぐあいで、パズラー部分だけに注目して読み直してみれば、クイーンやホックにも伍する正統派、ストロングスタイルの短篇パズラーの書き手であることに気づかされるはずです。
 
このブログでウィザーズ登場作品の全作品を紹介していますので、詳しいことはそちらをご覧下さい(ネタバレはしていないつもり)
 
6_mystery_1934_jul_cover
【MYSTERY 1934 Jul 表紙】パーマーの[The Riddle of the Forty Naughty Girls](いたずらパリ娘の謎)の1シーン
 
7_mystery_1934_jul_ill
【[The Riddle of the Brass Band](いたずらパリ娘の謎)挿絵】
 
8_mystery_1934_mar_title
【[The Riddle of the Brass Band](ブラスバンドの謎)挿絵】
 
私は日本版EQMMを刊行時にリアルタイムで読んでいたわけではなく、古本屋でせっせとバックナンバーを買い集めた世代です。少ない予算の中でどの号を買うべきか判断しなくてはならない……そんなとき、パーマーのウィザーズものが掲載されていれば、迷わず「買い!」でした。パーマーは、ホック登場以前のEQMMで、パズラー方面の屋台骨をささえる看板作家だったのです。
 
ま、とりあえず、パーマーは短篇を読め!ってことです
 
 
 
※今回作成のリストは、現時点で判明しているヒルデガード・ウィザーズ登場作品は網羅できていると思います。ですが『Hildegarde Withers: Uncollected Riddles』の解説によると、まだ埋もれている作品がある可能性が高いとのこと。ですので、まだ暫定的なものとお考え下さい。非シリーズものもたくさんあるのですが、ほとんど読んだこともなく、実態はよく分かりません(^^;)。この部分は100%「FictionMags Index」頼りです。

« クレイグ・ライスの短篇 | トップページ

ミステリの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213706/64308206

この記事へのトラックバック一覧です: スチュアート・パーマーの短篇:

« クレイグ・ライスの短篇 | トップページ