無料ブログはココログ

« 「American Murders」!! | トップページ | スチュアート・パーマーの短篇 »

2016年9月25日 (日)

クレイグ・ライスの短篇

クレイグ・ライス短篇のリストを整理しました(コチラ )。
 
特に新しい情報があるわけではありませんので、悪しからず(^^;)。
 
クレイグ・ライスの短篇はほとんど翻訳済みですが、単行本は『マローン殺し』と『被告人、ウィザーズ&マローン』の2冊だけ。今回のリストの55作中16作に過ぎません。
『マローン殺し』には「マローン弁護士の事件簿〈1〉」とのサブタイトルがついているのですから、「〈2〉、まだ~~?」と待ち続けている方もかなりの数にのぼるのではないかと。
 
ライスの短篇は、その出来不出来以前に、あの独特の雰囲気に酔わされる部分が大きいと感じています。ですので、出来ることなら全作品を手元に置いておきたいというのがファン心理ではないでしょうか。
まだ39作残っているのですから、あと3冊はいけるはず。
「ライオンの檻に近寄るな」
Manhunt_195305
 
「最後に生き残った男」
Pursuit_195309_no1
 
ちなみに、マローンもの関する限りでは、現時点で本当に未訳といえるのは[ Dead Men Spend No Cash ]だけ。
[ Dead Men Spend No Cash ]掲載号
Suspect_detective_stories_195608
 
[ The Headless Hatbox ]は『わが王国は霊柩車』の原型中編、[ No Motive for Murder ]は『マローン御難』の原型中編なので、厳密には「未訳」と言い切れないかも知れないですが、長編化されるほど出来の良い中編なのですから、翻訳する価値はあるでしょう。
Double_action_detective_1956_no3
 
ライスの短篇は雑誌掲載のみで単行本に収録されていないものが多いので原テキストをそろえるには多少の困難がともなうかとも思うのですが、そこはそれ、当方にご相談くださればなんとかなりますので、版元様は是非ご一考下さいませす。

« 「American Murders」!! | トップページ | スチュアート・パーマーの短篇 »

ミステリの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213706/64253833

この記事へのトラックバック一覧です: クレイグ・ライスの短篇:

« 「American Murders」!! | トップページ | スチュアート・パーマーの短篇 »