無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

[PULP] Dime Detective, Mar 1944

Dime_detective_194403
T. T. Flynn [ Hayseed Homicide ](Mr. Maddox)
Dale Clark [ Tag! You're Dead ](Plates O'Rion)
D. L. Champion [ Go Home and Die! ](Allhoff)
Cornell Woolrich [ What the Well-Dressed Corpse Will Wear ]
Julius Long [ Accidents Will Happen ]

 Cornell Woolrich [ What the Well-Dressed Corpse Will Wear ] は「盛装した死体」。さすがにWoolrichともなると既訳率が高いですね。
 今号の目玉は、僕的にはD. L. Champion [ Go Home and Die! ](Allhoff)です。名探偵がとても陰険な性格の元警部で助手いじめばかりしているという異色シリーズの単行本未収録作。このシリーズ、結構パズラー度が高いところも要チェックなのです。
 T. T. Flynn の Mr. Maddox ものは既読作がどれもいまいちだったのでそそられないのですが、けっして下手っぴいなわけではないのも確かなので、そのうち「これは!」というものにぶつかる可能性はアリ。
 Dale Clark、Julius Longはいつも楽しませてもらっている作家たちなので、読むのが楽しみ。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月28日 (水)

[PULP] Dime Detective, Mar 1943

Dime_detective_194303
Merle Constiner [ The Riddle of the Shackled Butler ](The Dean)
G. T. Fleming-Roberts [ Purple Fog ]
Cornell Woolrich [ If the Shoe Fits ]
Dale Clark [ Death Blows Out the Candles ](Plates O'Rion)
D. L. Champion [ Murder Won't Wait ]
Richard Dermody [ The Doctor Operates ](Doc Pierce)

 Cornell Woolrich [ If the Shoe Fits ] は、日本で出てる単行本には入っていないようだけど、「靴が合うなら」というタイトルでミステリマガジンに翻訳されていますね。残念。
 今号の目玉はMerle Constiner [ The Riddle of the Shackled Butler ](The Dean)
にしておきましょう。短編集出てはいるのだけれど、いいシリーズだから。
 G. T. Fleming-Roberts、Dale Clark、D. L. Champion、Richard Dermodyと他も楽しめそうなのメンツばかり。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月27日 (火)

「The Killer Was A Gentleman」John K. Butler ☆☆☆★

「Dime Detective, Mar 1941」掲載

 Steve Midnightシリーズ第五作目。

 その夜の客は記憶喪失で、自分の名前もわからなかった。財布は無く、手がかりはポケットに入っていたメモだけ。しかしそのメモによるとこの客は殺人犯なのかもしれない……てな滑り出し。
 面倒事には巻き込まれたくない、とは思うものの、この客のジェントルマンぶりについほだされて、結局警察に通報しないまま手を貸すことにしてしまう、てな感じにミッドナイトの男っぷりで魅せるエピソードが巧妙に描かれていて、しょっぱなから読者のテンション上がりまくり。その後、この客に恩義を返すためにミッドナイトを手を貸す盲目の元ボクシングチャンプとその飼い犬なんていう、とっても魅力的な登場人物も出てきて、読みどころ満載。スピーディーな展開もあいかわらずで、これは傑作といっていでしょう。☆☆☆★。

2012年3月26日 (月)

[PULP] Dime Detective, Oct 1942

Dime_detective_194210
John Lawrence [ Military Secret ](Marquis of Broadway)
T. T. Flynn [ Ride and Die ](Mr. Maddox)
C. P. Donnel, Jr. [ Hand, Ears, and Tongue ](COLONEL KASPIR)
William Brandon [ Cinderella Met a Killer ]

 John LawrenceかT. T. FlynnかC. P. Donnel, Jr.か。どれもつまらなくはないのだろうけれど、看板とするには弱いかなぁ、という感じなので、目玉扱いをするのはためらわれてしまいます(^^;)。
 表紙の扱いが大きいのでJohn Lawrence [ Military Secret ](Marquis of Broadway)が一番、T. T. Flynn [ Ride and Die ](Mr. Maddox)が次点ということにしておきますか。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月23日 (金)

[PULP] Dime Detective, Aug 1942

Dime_detective_194208_2
T. T. Flynn [ Tijuana Kill-Trap ](Mr. Maddox)
Merle Constiner [ Killer Take All ](Dean)
Norbert Davis [ Who Said I Was Dead? ](Bail Bond Dodd)
Luke Thomas [ Leg Man ]
Jan Dana [ Supercharger ](Acme Indemnity Op)

 Norbert Davis [ Who Said I Was Dead? ](Bail Bond Dodd)が目玉でいいよね? この作品は『Hard-Boiled: An Anthology of American Crime Stories』(Oxford University Press, 1995)っていうBill Pronzini & Jack Adrian 編のアンソロジーに収録されているんで、希少性はいまいちなんですが、ま、それだけ面白い作品だってことで。
 Merle Constiner [ Killer Take All ](Dean)は短編集に収録されているので、繰り上がりで次点はT. T. Flynn [ Tijuana Kill-Trap ](Mr. Maddox)。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月21日 (水)

[PULP] Dime Detective, Jan 1942

Dime_detective_194201
John K. Butler [ Death and Taxis ](Steve Midnight)
D. L. Champion [ A Bed for the Body ](Inspector Allhoff)
John Lawrence [ Murder, Come Back to Me ](Broadway Squad)
Don James [ Ferry Slip ]
0. B. Myers [ Death Drains the Well ]

 D. L. Champion [ A Bed for the Body ](Inspector Allhoff)が目玉かな。これは単行本未収録作です。
 John K. Butler [ Death and Taxis ](Steve Midnight)は、とても面白いシリーズの1作なんで、 [ A Bed for the Body ] がなければ目玉扱いでもいいんですが、単行本に収録されているので、はずしておきましょう。
 John Lawrence [ Murder, Come Back to Me ](Broadway Squad)も面白いと噂のシリーズなんですが、未読なので目玉にはしないでおきます。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月20日 (火)

「The Saint In Silver」John K. Butler ☆☆★

「Dime Detective, Jan 1941」掲載

 Steve Midnightシリーズ第四作目。

 反対車線を猛スピードで逆送していた酔っぱらい。そいつとその連れのブロンド美人は宝探しゲームの途中だった。寝込んでしまった酔っぱらいの代わりにブロンドを連れて墓場へと宝探しに行ったスティーブは、墓所の暗闇の中で暴漢に襲われる……てな具合で始まる。
 お話はスピーディに展開し、次から次へとつるべうちのアクションが続く。読み終わってから振り返ってみれば。結局たいした内容ではなかったとわかるんだけれど、読んでる最中は退屈どころか、話について行くだけでせいいっぱいで、あれよあれよという間にラストまでたどりついてしまう。アクション小説の鑑だな。☆☆★。

2012年3月19日 (月)

[PULP] Dime Detective, Dec 1941

Dime_detective_194112
T. T. Flynn [ The Devil in the Horse Van ](Mr. Maddox)
Norbert Davis [ Don't Give Yaur Right Name ](Max Latin)
W. T. Ballard [ Eight Hours to Doom ]
Jan Dana [ The Corpse With Two Left Feet ](Acme Indemnity Op)

 中編4篇だけで短編なし、という「Dime Detective」お得意の強気の布陣。どの作家も目玉候補にあがっておかしくない格なので、強気も当然ですが。
 僕的には、問答無用でNorbert Davis [ Don't Give Yaur Right Name ](Max Latin)が目玉です。短編集に収録されている(それもペーパーバックで出てるんだからメジャーだ!)作品で、しかも翻訳もある(「サイン蒐集狂」ミステリマガジン1967年2月号)のですが、なにしろNorbert Davisだし、Max Latinだし。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月16日 (金)

[PULP] Dime Detective, Sep 1941

Dime_detective_194109
Frederick C. Davis [ Killer, Stay Away From My Door! ](Bill Brent)
John K. Butler [ The Hearse From Red Owl ](Steve Midnight)
William Edward Hayes [ The Dead Do Tell ]
Walter Ripperger [ The Parrot Squawked ]
0. B. Myers [ Murder In a Nutshell ]

 目玉はJohn K. Butler [ The Hearse From Red Owl ](Steve Midnight)でいいかな。短編集が出てるには出てるんですが、一般には目にとまらないマイナー出版ですし、それに何よりとっても面白いシリーズですから。
 対抗馬のFrederick C. Davis [ Killer, Stay Away From My Door! ](Bill Brent)も短編集出てますしね(こっちもマイナー出版。Pulp関連はみんなそうです(^^;))。
 あとの三人もよく見る名ではあるのですが、目玉は無理でしょう。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月14日 (水)

[PULP] Dime Detective, Nov 1939

Dime_detective_193911
Carroll John Daly [ The White-Headed Corpse ](Race Williams)
Jan Dana [ Too Weak to Kill ](Acme Indemnity Op)
Dale Clark [ The Short and Merry One ]
Roger Torrey [ Fire Test ]
Maurice Beam [ Mind Over Matter ]
Robert K. Adams [ Curtain Call ]
D. L. Champion [ Dumb Dick ]
Michael Sutton [ The Devil's Portrait ]

表紙カバー欠。こんな感じです(cover)。
 またお前か>Carroll John Daly [ The White-Headed Corpse ](Race Williams)。何があってもこれが目玉になることだけはないです(きらいなんですよぉ(^^;))
 目玉はJan Dana [ Too Weak to Kill ](Acme Indemnity Op)かなぁ。
 Dale Clark [ The Short and Merry One ] も、D. L. Champion [ Dumb Dick ] も、Roger Torrey [ Fire Test ] もシリーズものではないようなので、目玉にするには弱い(^^;)(これ、僕がシリーズもの贔屓のせいもあるんですが、「Dime Detective」ってPulp誌はシリーズもの重視の編集方針だったってもの一応勘案してます)。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月13日 (火)

「Hacker's Holiday」John K. Butler ☆☆

「Dime Detective, Oct 1940」掲載

 Steve Midnightシリーズ第三作目。

 ナイトクラブの歌姫はミッドナイトの馴染みの客だった。ある晩家まで送っていったミッドナイトは、彼女に復縁を迫ってつけまわしていたゴリラのような元ボーイフレンドに殴られる。その晩がその歌姫の生きている姿を見た最後になった……てな話で、最初にちょっとしかでてこないヒロインがすごくうまく描写されている。生活に疲れていて、でも「いい女」っぽさがどことなく感じられて、存在感があって、すごくいい!
 話は予想の付かないような奇妙な展開をみせ、退屈しなくて面白い。うんいい感じだ。☆☆

2012年3月12日 (月)

[PULP] Dime Detective, Sep 1939

Dime_detective_193909
T. T. Flynn [ Saratoga Slay-Ride ](Mr. Maddox)
Frederick C. Davis [ Potion on Her Lips ](Keyhole Kerry)
Cornell Woolrich [ The Case of the Talking Eyes ]
Jan Dana [ Storm Signal ](Acme Indemnity Op)
Denslow M. Dade [ Judgment Seat ]

表紙カバー欠。こんな感じです(cover)。
 Cornell Woolrichの [ The Case of the Talking Eyes ] は「眼」「じっと見ている目」といたタイトルで翻訳のある作品。残念。未訳ものならこれが目玉で安泰なのですが(^^;)。
 それが駄目となると、T. T. Flynn [ Saratoga Slay-Ride ](Mr. Maddox)とFrederick C. Davis [ Potion on Her Lips ](Keyhole Kerry)のニ択なんですが……うーん、まどっちでもいいや(^^;)。どっちも悪くはないだろうけど、そんなに期待もしていない。どちらも当たりを引いた場合は面白い作家なんだろうと思うんですけどね(実はまだ大当たりは引いたことがない二人なのだ(^^;))。
 むしろJan Dana [ Storm Signal ](Acme Indemnity Op)の方が面白いかもしれないくらいだけれど、まだ未読なのだ。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月 9日 (金)

[PULP] Dime Detective, Mar 1939

Dime_detective_193903
Carroll John Daly [ Hell With the Lid Lifted ](Race Williams)
John Lawrence [ The Stars Said Murder ](Marquis of Broadway)
William Edward Hayes [ The Farraday Phantom ]
O.B. Myers [ The Body in Booth One ]
Wyatt Blassingame [ The Corpse Played Possum ]
Frederick Arnold Kummer, Jr [ Death Racket ]

 目玉はJohn Lawrence [ The Stars Said Murder ](Marquis of Broadway)でしょう。ちょっと弱いという気もするけど(^^;)。でも、ぎりぎりセーフかな。二、三編読んだ感じでは、僕にはLawrenceの文体がどうも乗りにくかったんですが、内容的には十分面白かったので。
 Wyatt Blassingame、O.B. Myersでは目玉はつとまらない。Frederick Arnold Kummer, Jrは名前は知ってるけど、読んだことないし。William Edward Hayesは知らないし。Carroll John Dalyが論外なのは言うまでもない。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月 7日 (水)

[PULP] Dime Detective, Feb 1939

Dime_detective_193902
John K. Butler [ County Clean-Up ](Tricky Enright)
William E. Barrett [ The Mad Mayor ](Blue Barrel)
Leslie T. White [ Dangerous But Passable ]
Earl Peirce, Jr. [ Mum's the Word for Murder ]
Jan Dana [ Single Indemnity ](Acme Insurance Dick)

 一番の目玉はJohn K. Butler [ County Clean-Up ](Tricky Enright)。このEnrightシリーズは未読なのですが、同じButlerのSteve Midnightのシリーズは最高に面白かったので。Tricky Enrightは"undercover cop"なのだそうです。「潜入捜査官」ってところなのかな?
 次点はWilliam E. Barrett [ The Mad Mayor ](Blue Barrel)とJan Dana [ Single Indemnity ](Acme Insurance Dick)。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月 6日 (火)

「The Man From Alcatraz」John K. Butler ☆☆☆

「Dime Detective, Jul 1940」掲載

 Steve Midnightシリーズ第二作目。

 シカゴ行きの列車に間に合わせたいと大急ぎの美女の荷造りを手伝ったミッドナイトは、クロゼットに隠された死体を見つけた。事件の背後には、アルカトラズから脱獄したカゴの大物ギャングの存在が……てな話で、ミッドナイトは報奨金目当てで動く。
 タクシー運転手が主人公だと、探偵行為の動機付けが難しいな(^^;)。なかなか先の読めない展開が面白く、最後はコテコテの浪花節的オチに行き着く。昔の日活アクション系のキャストでやったらはまりすぎるくらいかも(^^;)。面白い。☆☆☆。

2012年3月 5日 (月)

[PULP] Dime Detective, Jan 1, 1935

Dime_detective_19350101
William Edward Hayes [ The Ghost Train ]
Leslie T. White [ Coffin Carload ]
William E. Barrett [ The Tattooed Corpse ](Needle Mike)
Donald Barr Chidsey [ Murder by Proxy ]
Hugh B. Cave [ Bottled in Blonde ](Peter Kane)

表紙カバー欠。こんな感じです(cover)。
 一番の目玉はWilliam E. Barrett [ The Tattooed Corpse ](Needle Mike)かなぁ。表紙でも一番扱いが大きいですしね。タイトルから想像がつく通り、Needle Mikeってのは刺青師なんだそうです。フォーマット通りの私立探偵より、こういう異色な職業の主人公の方が「Dime Detective」らしいですね。でもこのシリーズはまだ一つも読んでないのですよ(^^;)……。
 Hugh B. Cave [ Bottled in Blonde ](Peter Kane)の方が面白いかもしれないのですが、こっちの方は短編集が出ているので、希少性という点でいまいち。
 Donald Barr Chidseyの [ Murder by Proxy ] もちょっと気になります。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

2012年3月 2日 (金)

[PULP] Dime Detective, May 1, 1934

Dime_detective_19340501
Frederick Nebel [ Read 'Em and Weep ](Cardigan)
Erle Stanley Gardner [ The Smoking Corpse ]
Maxwell Hawkins [ Duchess of Death ](Jones & Jones)
R. D. Torrey [ Hot Money ](Johnny Cass)
Arson Hatch [ Zero Hour ]

表紙カバー欠。こんな感じです(cover)。
 目玉はFrederick Nebel [ Read 'Em and Weep ](Cardigan)。贔屓の作家です。一番のお気に入りは「Black Mask」に掲載されていたKennedy & MacBrideシリーズなんですが、「Dime Detective」の方にはCardiganシリーズを発表していました。初期にはほぼ2号の一度くらいの頻度で掲載されていて、「Dime Detective」を「Black Mask」を超える人気Pulp誌に引き上げた最大の功労者であったと言われているようです。そんな評価は別としても、平易な語彙で明快なイメージを描きだす短いセンテンスを積み上げて、軽快なリズム感を生み出す文体は、いつも「うまいなぁ」とうならされます。アクション小説の鏡ですよ、ほんと。
 次点はErle Stanley Gardner [ The Smoking Corpse ]。こっちが一番でもいいようなもんですが、そのへんは僕の趣味ってことで(^^;)。
 あとはまあどうでもいいや。

検索用:パルプマガジン、Pulp Magazine

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »